読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アカシジミがみのりん

看護師の転職を上手くいかせるには、これからのことを考えて出来るだけ早く行動することが大事です。
やっぱり全身でしょ!



また、何に重きをおくのかを決定しておいた方がいいでしょう。
将来像をはっきりして、その将来像に合った次にはたらく先のインフォメーションをひとつひとつ集めてください。

年収、職場環境、勤務形態など、自分にとって妥協出来ない条件(ないにこしたことはないかもしれませんね)も考察しておきましょう。ナースのはたらくところといえばホスピタルという印象が当たり前のことでしょう。

また、看護師の資格を活かせる職場は、ホスピタル以外にも色々とあります。



保健所で保健師とのチームプレーで地域の住民の健康上のさまざまなケアをするのもナースの役割です。


また、福祉施設にはドクターを確保しているところは少なく、大部分の医療行為を看護師がおこなうでしょう。修学旅行やツアーにお供し、病気や怪我などの応急処置や病院への手配をしてくれる看護師もいます。
コドモがいる結婚している人は週二日の休みがあったり、夜の勤務のない勤め先を希望しているものです。

病院以外の所で勤務するには、そのケースに応じた専門知識を習っている認定看護師や専門看護師の資格があれば、雇用がされやすくなっています。


日本の看護師の年収は平均して437万円ほどです。
しかし、国立、私立、県立などの公立病院の看護師は、公務員(不況になればなるほど、希望者が増加します)として在籍しているため、年収は平均593万円程度になります。



公務員(不況になればなるほど、希望者が増加します)看護師は給与の上がる割合も民間の病院より高く、福利厚生もしっかりしています。准看護師として勤める場合は、看護師よりも年収が平均70万円ほど低いです。

看護師産業看護師とは、企業を職場とする看護師です。


看護師と聴けば病院、クリニックの印象が強いですが、医務室などを設置している企業もあって、そういう場所ではたらく人もいます。具体的なしごと内容やその役目ははたらく会社により、色々ですが、従業員の健康維もと健康管理は基本的なしごとと考えてください。修学旅行や一般むけ旅行企画に同行し、怪我や病気の応急対応をしたり、病院を探す看護師もいます。

主婦としてコドモを育てながら働いている人は土日の休みがあったり、夜勤無しで良い職場を選定しているものです。
特別な場所で勤務するには、それぞれの場所に適した専門知識をマスターしている認定看護師や専門看護師の資格を持っていると雇用されやすくなります。


日本での看護師の年収は平均して437万円ほどです。

しかし、国立や私立や県立等の公立病院ではたらく看護師は、公務員(不況になればなるほど、希望者が増加します)勤務であるため、年収は平均すると、593万円ほどとなるはずです。公務員(不況になればなるほど、希望者が増加します)看護師は給料の上昇する率も民間より高く、福利厚生の面でも充実しています。
準看護師の場合であると、看護師よりも平均年収が70万円ほど低いのです。看護師の資格を得るための国による試験は、年1回おこなわれます。



看護師が足らないことが問題視されている日本にとっては祝福すべきことに、ここ数年での看護師資格の合格率は90%前後と大変高い水準を維持している。



看護師の国家試験は、大学入学のような落とすための試験とは違い、一定のラインをクリアしてしまえば合格できちゃう試験です。